伊藤岳 ストップ安倍政権! つくろう、戦争法廃止の政府

SCHEDULE

2016.05.24  18:00

越谷街頭宣伝 南越谷駅前宣伝

2016.05.26  19:30

さいたま市建設後援会総決起集会 市民会館大宮

2016.05.27  19:00

三郷演説会 三郷文化会館

2016.06.03  18:30

オール越谷市民アクション集会 越谷市中央市民会館

2016.06.04  14:00

上尾教職院学習決起集会 北足立北部教育会館

2016.06.11  10:30

青年後援会決起集会 大宮ソニック905

2016.06.11  14:00

大宮駅西口該当演説

2016.06.13  19:00

テレビ埼玉立候補予定者討論会 テレビ埼玉

伊藤岳の写真をストックしております。宣伝物にご利用ください。

伊藤岳チャンネル伊藤岳チャンネル

戦争NO、福祉YES

日本共産党 伊藤岳

わたしたちの暮す日本は、大きな分岐点に来ています。
平和な日本に舵を切るため、伊藤岳は立ち上がります。

●国民の声をいかす政治を

安倍政権は憲法を壊し、戦争ができる国にしようとしています。
国民の声を無視し、自分と違う意見を聞こうとしない、身勝手な道を進んでいます。
一方で、安保法制反対の運動は大きな広がり続け、日本共産党が呼びかけた「戦争法廃止の国民連合政府」提案には、様々な方から賛同と共感の声をいただいています。
日本の平和と国民の命を危険にさらす戦争法を、放ってはいられません。
埼玉県民と日本国民を誰一人として殺させない。
日本の政治に立憲主義と民主主義をとりもどしましょう。

●平和がイチバン

戦争のない希望あふれる日本をみんなで作りましょう。
私の政治の原点は「戦争は二度とだめだ」という祖母の教えです。祖母の住んでいた大分県宇佐市には戦時中、海軍特攻隊の基地があり、何人もの若者が「明日、戦地に行きます。お別れに上空を旋回していきます」と言って飛び立ったと話していました。国民の命が戦争で奪われるなんて、2度とあってはいけません。
平和への道は国民の手で拓かれるのです。

●国民を大切にする福祉への転換を

医療と介護に税金を使い、国民が安心して暮らせる社会を作りましょう。
軍事にお金をつぎ込む政府は、同時に医療や介護に必要なお金を削っていきます。
介護度4だった父の介護を通して、医療と介護の貧困を体験しました。
県内の介護事業所1000カ所の調査も行いました。
このままでは事業所の存続も危うい事態です。
医療や介護を必要とされる方を大切にしたい。

私はこの思いを「戦争NO 福祉YES」という言葉に込めました。

私、伊藤岳は生れ育った大好きな埼玉のため、大好きな日本のために全力でたたかいます。 生活を守る、命を守るために、共に力をあわせてください。

伊藤岳のプロフィール

1960年3月、川口市生まれ。
既婚(妻と子ども3人、母の6人家族)。

1973年、中学2年のとき、草加市立栄中学校に途中転入。
1975年、県立越ケ谷高校に進学。
1978年、文教大学人間科学部に入学。

1994年、日本共産党埼玉中央地区(旧浦和市、蕨市、戸田市地域)委員長になる。
2010年、2013年参議院選挙に立候補。

2011年3月の震災・原発事故後、原発反対のデモをツイッターなどで呼びかけ、県内30カ所以上で開催。「原発なくそう」の運動の先頭に立つ。
党県民運動委員長として、県内の介護施設約1000カ所を対象にアンケートを実施。
現在、安倍政権打倒・戦争法廃止の国民連合政府実現のために、街頭での訴えや団体との懇談など県内各地で奮闘中。